NEW

姿勢と左右の改善でケガを予防

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です

 

猫背うあO脚などの悪い姿勢は老けて見えるのに加え、筋トレを行おうとすると、正しいフォームがとれず、本来のトレーニング効果が得られないことがあります。

悪い姿勢や体の左右差は、そのまま筋トレのフォームに反映されてしまうだけではありません。前後左右の部位のどこかに負荷がかかり、その部位がオーバーユースに陥る可能性も高くなります。

 

ハンズ・ビハインド・バック~大胸筋~

■10秒×3セット

両脚を肩幅の広さに広げて立つ。両手を体の後ろで組み、胸を張って肩を後方に引く。

そのまま、腕を伸ばし顎を上げて、上を見ながら胸郭を引き上げる。

 

スウェイ・バック~腹直筋~

■10秒×3セット

両脚を肩幅に開いて立ち、両手を腰に当てる。最初はまっすぐの状態。

そこから骨盤だけを前に傾けてお尻をやや後方に突き出す。上体は動かさないように。

 

ニーホールド~中臀筋~

■10秒×3セット反対側も同様に

床に座って片脚の膝を曲げてクロスさせたら両手で膝をつかむ。

そのまま膝を両手で抱き寄せるようにして、できるだけ胸に近づけてキープ。

 

ヒップ・インターナル・ローテーション

~お尻のインナーマッスル~

■10秒×3セット

 

床に座り両膝を立て、両手を体の後ろで床につけて後傾姿勢に、両脚は肩幅よりやや広く、爪先は斜め45度外側に。

片方の膝を内側に倒す。

反対側も同様に行います。

姿勢と左右の改善でケガを予防のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ