NEW

関節の動き・・・股関節内旋

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です

マシンアダクション(内旋アレンジ)

マシンアダクションのバリエーション種目。両脚を開こうとする強い負荷に抵抗することで、股関節の内旋をともなった内転の動きにしっかり負荷がかかる。

●メイン=大内転筋群、サブ=股関節内旋筋群

マシンに座り、負荷を高めるに設定し、両膝に内側にパッドを当てる。そこから両手でパッドを押して補助しながら、太腿を内側に閉じる。

マシンの負荷に抵抗しつつ、耐えられず太腿を外側に開いていく。この時の強い負荷に抵抗する動きは、股関節内転だけでなく、股関節内旋の動きも働く。

両脚が開ききるまで抵抗する。マシンの負荷は、全力で抵抗しても両脚が開いてしまう負荷に設定して行うのがポイント。

 

徒手アダクション

パートナーが両脚を開くように抵抗を加える徒手アダクションのバリエーション。股関節を内旋し、脚を付け根から内向きにひねる動きを意識して抵抗する。

●メイン=中殿筋、小殿筋、大内転筋、サブ=恥骨筋、長内転筋など

床に座り、両脚を揃えて膝を曲げる。パートナーが膝の内側に手足を当てて両脚を開くように力を加え、その力に抵抗する。

パートナーの押す力に抵抗しながら、股関節から両脚を内側に閉じる。股関節内転の動きではなく、脚を付け根から内向きにひねる股関節内旋の動きを意識して抵抗する。

 

パートナーは脚も使って抵抗を加える。膝の外側部分の内側に当て、外側へ開くように脚の力で押していく。

 

関節の動き・・・股関節内旋のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ