NEW

【食べ過ぎ注意!!】パンについて

こんにちは!

蕨・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は皆さんがよく朝食などで手にとるような

”パン”

についてご紹介していきたいと思います。

ま、タイトルにもある通り、パンは食べすぎ注意なんですね。その理由などを本題で詳しく解説していきたいと思います。

正直ぼく自身パンは美味しいし、好きです。特にあんぱん、クリームパン、カレーパン、チョコデニッシュ系のパンは好きです。(好きなの多すぎw)

ですが、健康を考えるとパンはあまりおすすめできないのが正直な意見です。ぼくも先程かなり多くの種類のパンを挙げましたが、いつも一度に食べる事が多いです。(チートデイのような感覚ですね)

毎日のようにパンを食べるよりもたまにくる”今日ちょっとパン食べたいかも”という日に食べるほうがおすすめでもあります。

 

では、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入っていきたいと思います。

 

パンの原料が良くない!

パンの何がだめか?それは原料です。パンの原料のほとんどは小麦です。小麦に含まれているタンパク質のグルテンという成分が身体に悪さをすることが多くの研究で明らかになっています。

また、植物油脂なども多く含まれていますし、付け合せに使うものもバターやマーガリン、チョコレート、ピーナッツバターなど正直身体にいいものではありません。仮に食パンにレタスとトマトを挟んで食べる、としてもやはり大半はパンですし、パンには小麦が含まれていますので食べ過ぎはあまりおすすめはできません。

 

グルテンは身体にどんな影響を及ぼすの??

グルテンが身体に及ぼす影響はかなりやっかいです。ざっと下記のようなことを及ぼします。

・腸内環境の悪化
・タイトジャンクションの不調
・リーキーガット症候群
・病気
・アレルギー
・グルテン不耐症、過敏症

ざっと挙げただけでもこれだけ出てきます。一番頭にある”腸内環境の悪化”ですが、腸内環境が悪化するだけでセロトニンの分泌が少なくなって幸福感が減ってしまったり、白血球が作られる量が少なくなるので病気にかかりやすくなってしまうということに繋がります。

 

パンが大好きすぎる人の改善点

それでもパンが食べたい!という方はもしかしたら依存してしまっているのかもしれません。

糖質やグルテンを欲してしまう原因の一つとしてビタミン不足が挙げられます。ビタミンの摂取には野菜や果物が効果的です。

普段の食事に野菜や果物を多めに取り入れてみるともしかしたらパンを欲しなくなるかも?しれませんね!

とにもかくにも、パンの食べ過ぎは結果としてあまりいい方向には行きません。ですので、パンは食べすぎないように気をつけましょう?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーナーふっか 公式サイト

http://site-999758-3365-1845.mystrikingly.com/#home


パーソナルトレーナーふっか 公式LINE@

https://lin.ee/dYaVzi3


youtube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

【食べ過ぎ注意!!】パンについてのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ