NEW

ビタミンは体にとって重要な要素

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

ビタミンB₆

~筋タンパク質合成を促す~

ビタミンB₆は、筋タンパク質合成に最も貢献すると考えられるビタミン。タンパク質とともに食事からしっかり摂取する。

体内でビタミンB₆は、アミノ酸の代謝に不可欠な酵素の作用を助ける補酵素として働き、摂取したタンパク質の利用効率を高める。

アミノ酸から別のアミノ酸を生成する反応にも補酵素として働き、筋タンパク質合成の促進に貢献する。ビタミンB₆が不足していると、いくらタンパク質を摂っても利用効率が悪くなってしまう。B₆はB₂と一緒に摂る。

 

~鶏肉、レバー、青魚から摂る~

ビタミンB₆は、マグロやカツオ、サバなどの青魚やレバー、鶏肉などに多く含まれている。穀物やナッツ類などにも含まれているものの、植物性食品から摂取できるビタミンB₆は利用効率が低いため、動物性食品から摂ったほうが良いとされる。水に溶ける水溶性ビタミンであるため、調理の際に水分と一緒に流れ出てしまうので注意。

 

 

 

ビタミンC

~コラーゲンの合成に必須~

ビタミンCha血液中に存在し、全身の組織をめぐっているビタミン。強い抗酸化作用があり、老化や動脈硬化、ガンなどの原因となる活性酸素を除去する重要な働きがある。

ビタミンEと一緒に摂ることで、抗酸化作用をさらに高めることができる。

さらに、ビタミンCはタンパク質の一種であるコラーゲン繊維の合成に必須に成分であり、ビタミンCが不足するとコラーゲンが作られない。

 

 

 

ビタミンD

~テストステロン分泌を促す~

ビタミンDには、主にきのこ類に含まれるD₂と、魚介類に含まれるD₃があるが、体内の代謝経路が同じ。テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促進する働きも注目されている。ビタミンDが不足すると筋肉量や筋力が低下する。

 

~日光照射~

ビタミンDの特徴は、食事からだけではなく、日光照射で合成できること。

 

ビタミンは体にとって重要な要素のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ