NEW

世界のスーパーフード「昆虫食」が 「筋トレ」「ダイエット」に効果的な理由とは?

【この記事のキーワード】

 昆虫食が注目されるようになったのは、2013年に国際連合食糧農業機関(FAO)が昆虫の食用を推奨する報告書が公表されたことがきっかけでした。

「世界のベストレストラン50」で2010年から4年連続で第1位に選出されたデンマークのレストランnoma(ノーマ)が食材としてアリを使い世界中を驚かせました。欧米では昆虫食の関連企業が次々と登場し、あのNASAと協力して宇宙での食料確保用に研究も進めています。昨今では無印良品がコオロギせんべいを販売してヒットさせています。これらは食料自給率への不安からくる「エコ」を目的としたものだと思われがちですが、実は昆虫食は「世界のスーパーフード」と称賛されるほどの実力を持ち、各業界が「筋トレ」や「ダイエット」に効果があると大注目しているのです。

 注目の理由は主に3つあります。

 1つには昆虫食に含まれる栄養素に「オメガ脂肪酸」という成分があります。燃焼しやすい脂肪なので筋トレに効果があり、血行促進や新陳代謝が上がるなどの効果があると言われています。

 2つには、豊富なタンパク質。言わずもがな、タンパク質は人間の血液や筋肉をつくるために大切な栄養素です。一日に人間に必要なタンパク質の摂取量は自分の体重と同じ量と言われていますが、とてもそんな量ととれません。しかし虫のタンパク質量は牛の2〜3倍と、とても豊富なのです。特にバッタ目の昆虫はタンパク質の量が多いといわれています。

 そして3つめには豊富なアミノ酸成分を含んでいることです。昆虫食には「リジン」「トレオニン」「トリプトファン」など、必須アミノ酸がバランス良く含まれていて、「筋トレ」や「ダイエット」消費した栄養素をバランス良く補給でき、またビタミン・ミネラルも含まれているので回復が早いとも言われています。

 ひと言に「昆虫食」と言っても、中には昆虫を粉末に加工したパウダータイプの商品も多いので、サプリ感覚で摂取することも可能です。パウダータイプは素材の100%が昆虫なので香料、甘味料、増粘剤などの余計な添加物が全く含まれていないのも安心です。

 そんな完全食の昆虫ですが、注意点もいくつかあって、昆虫はカニやエビなどの甲殻類に近い種類であるため「甲殻類アレルギー」の発作が出る可能性があることと、市販のプロテインやダイエット食に比べると値段が高いことは知っておいて欲しいです。

 今後ますます注目されていく昆虫食。正しい知識で安全に摂取することで、今までとは違った健康的なカラダ作りが可能になることでしょう。

マイウェイムック
ヘルシー&完全食 話題の昆虫食のススメ
「美味しいむしレシピ」

世界のスーパーフード「昆虫食」が 「筋トレ」「ダイエット」に効果的な理由とは?のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ