NEW

睡眠の質を上げるちょっとしたコツ

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは。パーソナルトレーナーのゆうじろうです。

 気づけば8月も残り数日ですが、暑い日が続いていますね。

 連日の熱帯夜で、睡眠の質が悪くなっていませんか?

 そこで今回は、改善策をお伝えします。

目次
・夏場は睡眠の質が悪くなりやすい
・今日から出来る改善策
 ①服を着る
 ②お風呂にゆっくり浸かる
 ③タンパク質とビタミンBをしっかり取る

夏場は睡眠の質が悪くなりやすい

 今の時期、ほとんどの方は屋内で空調に晒されていると思います。 

 仮に室温が25〜28度程度と仮定して、都内の外の気温は、現在35度前後で推移してます。

 温度差が、最大で10°以上になります。

 これだけ温度差だと、自律神経に混乱が起きます。

 人の体には、体温を一定にコントロールする「ホメオスタシス(恒常性)」という機能があります。

 体温の維持に重要な役割を担うのが、自律神経です。

 気温が高い時は、血流を活発にし、汗をかいて体温を下げようとします。

 一方、気温が低い時は血流を滞らせて、毛穴を閉じて体温を逃さないようにします。

 多少の温度変化であれば、ホメオスタシスが機能するので問題ないのですが、前述の通り大きな変化だと、体温を保つ為に自律神経の働きが過剰になります。

 その結果、過剰にエネルギーを消費してしまい、体に疲労が蓄積してしまいます。

 自律神経が疲労した結果、睡眠の質が落ちていくというメカニズムですね。

 

今日から出来る改善策

①服を着る

 温度差が大きくなければ体への疲労も少なくなりますので、屋内で空調に晒される時は、羽織る物(スウェットやカーディガン等)で体を温めればOKです。

 基本的には、屋内の服装で対処する事でOKです。


②お風呂にゆっくり浸かる

 入浴すると全身の血流が良くなって、体に蓄積された疲労物質を取り除けます。

 自律神経を整える為にも、シャワーで済ませずぬるめのお湯にゆっくり入るのをお勧めします。

 36〜38°程度が適温で、15〜30分程入ると良いです。のぼせやすい方は、半身浴でも同等の効果が見込めます。

 

③タンパク質とビタミンBをしっかり取る

 暑さに晒されると食欲がなくなってしまい、軽食で済ませがちになります。

 これだと充分なタンパク質やビタミンB群を摂取出来ません。

 赤み魚や脂身の少ないお肉にビタミンB群は含まれてますので、合わせて食べると◎です!

 残暑はまだまだ続きそうなので、良質な睡眠を確保し、元気に乗り切っていきましょう!

ゆうじろう
都内のパーソナルジムで活動中のトレーナー。2021年の東京オープンボディビル選手権で優勝を目指してます。
Twitter

note


睡眠の質を上げるちょっとしたコツのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ