NEW

大胸筋をデカくしたい人はこちら!【基本の種目3選】

【この記事のキーワード】

,

 大胸筋の成長に伸び悩んでいる方や、そもそも大胸筋をどんな風に鍛えていいかわからないという方に向けた記事になります。

 この記事をチェックしていただくと、大胸筋を大きくする方法がわかります。

 ではやっていきましょう!

もくじ
①大胸筋の解剖学
②大胸筋を育てるメニュー
③まとめ

①大胸筋の解剖学

 まずは大胸筋の解剖学について知っておきましょう。

 これはトレーナーだろうがトレーニーであろうが、知っておいて損はないです。

【大胸筋の解剖学】

大胸筋は上部が鎖骨の内側、中部が肋軟骨前面と胸骨、下部が腹直筋鞘前葉から始まり上腕骨大結節稜に停止する。

 筋肉の起始停止を知って何がわかるかというと、筋肉の正しい動かし方がわかります。

 なので、大胸筋を鍛えるときは基本的にこの起始停止の走行に沿って動かせばよいのです。

 特殊なトレーニングを行っているYouTuberもまれに見かけますが、この理論からずれると、やや効率的ではないということがわかります。

 

②大胸筋を育てるメニュー

 では、①の内容を踏まえて、大胸筋を育てるトレーニングを見ていきましょう。

〇ベンチプレス

 ベンチプレスは大胸筋を鍛える種目の中で最も高重量を扱える種目です。

 筋走行に沿って、かつ最大重量を扱えるベンチプレスは大胸筋を大きくしたい方には必ず行っていただきたい種目の1つです。

 

〇ダンベルベンチプレス

 ダンベルベンチプレスはバーベルではなく、ダンベルを使用してプレスを行います。こちらの特徴は左右で筋肉の差が出にくいことです。バーベルだと得意な方に力が寄ってしまうことがありますが、ダンベルの場合は分離しているため左右に同じ力を加える必要があります。またバーベルと比べ若干ではありますが、可動域を大きくすることができます。

 

〇ケーブルクロスオーバー

 こちらはケーブルマシンで行います。

 ケーブルクロスオーバーで最大伸張と最大収縮を交互に行うことができ大胸筋を大きくする上であると嬉しい種目です。重量はそこまで扱えませんが筋肉を大きく使うことができるので、後半にもってくるとよいでしょう。

 以上が大胸筋を大きくするメニューです!

 最近では様々なメニューが開発されていますが、そんなに多くをやる必要はありません。この3種目を全力で行えば、十分大きくなります。また、ベンチプレスとダンベルプレスに関しては、5~8回で行える重量を設定して行いましょう。

 

③まとめ

 いかがでしたでしょうか。大胸筋を鍛えるのに特殊なメニューは要りません。基本的な種目を正確に行えることが大事です! ぜひ挑戦してみてくださいね。

鹿児島壮志

鹿児島壮志(かごしま・たかし) 「体を変える」というのは当たり前。 ほかにも姿勢改善、肩こり腰痛、むくみ、冷え性、貧血などさまざまなお悩みも同時に解決していけるのがパーソナルトレーニングです。 お...

大胸筋をデカくしたい人はこちら!【基本の種目3選】のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ