NEW

「腹筋の下半分が割れてこない」という方へ

 私もそうなんですが、腹筋の下側って、本当に筋肉がつきにくいんですよね。

 腰痛持ちの私には、下腹部の筋トレは腰を動かすのが怖くてなかなか難しいんです。

 腹筋種目の王道・クランチは背中が丸まって、どうしても腹筋の上部を使って身体を起こしていくことになります。

 一方レッグレイズは、下腹部に効くと言われますが、股関節(腸腰筋)を使っていて、実際に腹筋の下側を使えていないことが多いです。

 クランチなどの腹筋を行う際は、腰からしっかりと身体を浮かせて、腹筋全体を使えているかを見ていかなければなりません。

 では、腹筋の下部に刺激を与えやすいトレーニングメニューと、意識するポイントを幾つかご紹介します。

 

①腹筋ローラー

 自然と腹筋全体を鍛えることができます。 膝コロを行う際は、特に気をつ蹴るポイントとして

・ローラーを身体中心に近づけるように戻していく際に、腹筋の力だけで身体を戻すようにしながら

・お尻を後ろに下げずに、重心を前に残したままにキープする

と、自然と腹筋、特に下腹部に力が入りやすくなります。

 

②バイシクルクランチ

 ツイストクランチとは少し違います。

 膝と肘をくっつけていくんですが、腹筋がしっかりと縮こまっている感覚を大切にし、腰から先の背中がしっかりと浮いているかを意識して行ってみてください。

 

③ロシアンツイストハイパー

 お尻だけが地面に着くような姿勢から、メディシンボールなどを持って、左右に動かしていくトレーニングです。

 ひねりも加わり、腹筋全体に刺激が入りやすいです。

 回数を多くしすぎると楽な姿勢で行うようになってしまいますので、回数は少なくてもOKなので、正しい姿勢で行うことを意識することが大切です。

 私も、腹筋の下側を割るのは、課題中の課題です!

 自分に言い聞かせるつもりで、取り組んでいきます!

冨江悠

パーソナルトレーナー冨江悠(とみえ・ゆう) 【なりたい自分になる】をお手伝いしたい。 元プロサッカー選手、プロサッカー指導者としての経験に加え、トレーニーとして培った経験を活かして、ダイエットやスタ...

「腹筋の下半分が割れてこない」という方へのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ