NEW

スクワットはまだ早い?スクワットを避けたい時のサイン

どうも睡眠時足つり改善パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

最近スクワットの指導現場を見る機会があって改めて思ったのは

 

『スクワットって難しいなぁ〜』

って思いました。

 

なぜなら身体の機能が整っていなければ身体の歪みに繋がります。

筋力つけたい→スクワット

美尻にしたい→スクワット

ダイエットしたい→スクワット

いやいやいやいやいやややあ

まだ早いでしょ?ってソネダは思います!

今日は

スクワットが身体に負担をかけている時のサイン

をお伝えしたいと思います。

 

①身体が左右非対称に動く

→右のお尻だけ浅くなったり肩の高さが異なる場合には左右のバランスが崩れている状況なので左右差の原因を探す必要があります。

 

②背骨が丸くなる

→これは鏡で横から確認するか横から撮影すると確認できるかと思います。

また自重でも腰が疲れる感覚があればスクワットは避ける方がベターです!

これは股関節周りの柔軟性や腹圧などに原因があります。

即座に変化ができないこともありますので焦りは禁物です。

 

 

③膝が内側に入る or 膝を外に向けると足の裏が離れる

この場合には脚が非常に太くなりやすくお尻に効きにくい状況になります。

足部や膝の可動性が必要になりますので柔軟性をしっかり獲得してから行うといいでしょう!

 

いかがでしたか?

スクワット中にこれらのエラーは起きていますでしょうか?

 

エラーがある場合には是非一度身体をチェックしにきてくださいね(^-^)/

 


曽根田 健一

IG: @KENSONE817


池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼

学術的なトレーニングをしてみたい方!

下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】

『base BODY CONDITIONING』

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9

【INSTARGRAM】

https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時足つり改善パーソナルトレーナー 曽根田 健一

睡眠時足つり改善トレーナー 曽根田 健一 当てはまる方是非一度ご相談くださいませ。 *睡眠時に足をつる方 *産後の方 *体力に自信のない方 *身体が硬い方 *姿勢を気にしている方 *痩せたい方 *筋...

スクワットはまだ早い?スクワットを避けたい時のサインのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ