NEW

筋肉を焼いて成長させる

【この記事のキーワード】

こんにちは~!

ただいま日曜日の朝10時前ですが、今日はいつも通りお仕事なので目をしばしばさせながらこの記事を書いていますzzz

昨日珍しく休みでしたが、一日中寝ていて、さらに寝すぎて疲れて余計に眠いというなんとも幸せな悩みをつかみ取ってしまいました。

筋肉的にはもうずっとよだれダラダラレム睡眠モード全開みたいな感じですが、

このすやすやオネムな筋肉でも、やるときはやるのです。

それはどうやって成長させるのか、筋肉には成長する過程で必要な刺激がありますよね。

物理的刺激や化学的刺激などみなさんも色々とネットで散見しますよね。

筋肉に刺激が足りないと、せっかくの筋肉の成長を最大限期待できない可能性があるので、少しもったいない気もしますよね。

そこでタイトルにもあるように、みなさん筋肉を焼きましょう。

たぶんトレーニングを日々行っている方などはもうこの感覚は経験済みだと思いますし、特にバキとか読んだことある人はなんとなく筋肉を焼く感じは想像できるかと思います笑

筋肉に火をつけるようなイメージですね。

もっと簡単なイメージで説明すると、

空気椅子をするとします。それを限界のさらに限界まで行うとします。

そして10秒ごとにお金がもらえるとします。

すると、身体的限界がきてもなお精神的限界はキャパオーバーしない状況が生まれます。

すると身体的限界としての反応のように、空気椅子をしている最中に強く働く下肢の筋肉に、火が付いたような痛みを感じるでしょう。

それです。つまりはその痛みこそが大事なのです。

皆さんの中には、息が上がってしまって、筋肉がつかれるよりも先に呼吸がしんどくなってしまってインターバルをとる方もいるかと思います。

それは筋肉自体はおそらく追い込めてない可能性があります。

少しもったいないので、呼吸よりも筋肉単体が疲労するようにうまく筋発揮の種類を変えて、筋肉を燃やしていくことをお勧めします。

さーて今日は、どこの筋肉を焼きましょうか。

荒川翔

荒川翔(あらかわしょう) 幼少期から水泳とサッカーに励み、ばねのような身体を生かし筋トレを開始。 医療系の4年制大学を卒業したのち、急性期総合病院にて理学療法士としてリハビリ業務に徹する。 その中で...

筋肉を焼いて成長させるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ