NEW

上腕二頭筋への刺激を高めるおススメ種目

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日お話しするのは「上腕二頭筋のトレーニングについて」です。

 上腕二頭筋は力こぶを形成する筋肉ですが、その鍛え方の基本となるのは
肘を曲げる動作

 専門的に言うなら、肘関節の屈曲作用です。

 ダンベルやバーベルを使い、アームカールを種目として取り入れている方が多いと思います。

 ただ、もう少し刺激を高めたいなら工夫が必要です。

 それは筋肉の性質を理解することです。筋肉を知れば、どう鍛えるのが一番効果的かが分かるからです。

 まず知って頂きたいポイントは、上腕二頭筋の起始停止です。

 上腕二頭筋は肩甲骨から始まり、橈骨という前腕の骨に停止します。

 この位置関係を知る事は非常に大事です。

 上腕二頭筋は肘の屈曲に働くわけですが、ただ肘を屈曲するだけでは
初心者同然。

 何を変えるといいかというと、スタートするポジションです。

 上腕二頭筋は肘の屈曲作用がありますが、肩関節の屈曲作用もあります。

 つまり、肩関節を伸展させた状態から肘関節と肩関節の屈曲をしてあげると上腕二頭筋への刺激を高める事が出来ます

 その動作を実現できる種目はインクラインのダンベルカールです。

 まず、インクラインでスタートポジションでの肩関節伸展位をつくります。

 そこから肩関節の屈曲を少し入れながら肘の屈曲を入れます。

 ここが大切。

 筋肉というのは作用と反対の事をするとストレッチされ、伸ばされます。

 ただストレッチ効果があるだけではなく、筋トレにおいての可動域を取るという目的にも使われます。

 ですから、刺激を高めたいなら筋肉の作用の反対の動き、ポジションを取る事が大事なのです。

 みなさんも、是非インクラインのダンベルカールを取り入れてみてください。

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

上腕二頭筋への刺激を高めるおススメ種目のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ