NEW

蓄えるのも、トレーニングです。

【この記事のキーワード】

皆さん、お元気ですか?暑さでバテたりしてませんか?

 

私は思考回路が止まり、ブログの更新が全然出来ない日々が続いていました?

 

 

 

だから“脳筋”って言われてしまうんです

よねぇ〜??笑

 

いや!私はインテリジェンスマッスルを

自称する者として、そんなイメージを

必ずや払拭してみせます!!✊

 

 

 

 

 

と、無駄に熱い台詞で更に気温を

上げない様に気を付けつつ、

今日のテーマでぇ〜す(*´ω`*)丿笑

 

 

 

 

 

 

 

前回、たんぱく質について触れましたが、

その続きです。少し間が空いたので、

前回のおさらいをしておきましょう。

 

 

①基本は体重×1g

②1食30gが限度

③簡単には摂取出来ない

 

 

 

というのが、前回のポイントでした。

ここに後2つ!

 

絶対に押さえて頂きたいポイント。

まず、1つ目は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉をつけたいなら、もっと摂取せよ!

 

という事です。

体重×1gというのは、あくまで現状維持。

健康な身体作りに必要な量の目安で

あって、筋肉を更につけたい方や

アスリートクラスになると、それ以上の

たんぱく質を摂取する必要があります。

 

 

筋肉量を増やす→体重×2g

アスリートクラス→体重×3g(もしくはそれ以上)

 

 

これが目安です。

そして、もう1つのポイントは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう簡単に沢山のたんぱく質が摂れる訳ではない!

 

 

という事。

「体重×2gね、なるほど〜」

と言って、すぐに摂取出来る方はいません。

 

 

 

たぶんww

私の知り得る範囲では、そこまで恵まれた

素質の方はいません!✊笑

 

 

というのは、摂取するにも身体が対応して

いないからなのです。

 

 

初めから、大量のたんぱく質を身体に

取り入れる事は出来ません。

まずは“慣れ”ていかないといけません。

 

目標量に向けて少しずつ

増やしながら摂取していく。

 

すると、たんぱく質を摂取する桶の様な

ものが段々と大きくなり、目標量を

しっかり取り入れられる身体に変わる。

 

 

 

 

少しずつステップアップして、

身体を作っていくのです。

 

因みに、摂取出来る量をオーバーすると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹を下してしまうパターンが多いです?

 

すみません、汚いお話ですw

 

以上です!

Tagamix

Tagamix(タガミックス) 皆さん、ナイスバルク!してますか? 【FitNest】トレーナーのTagamix(タガミックス)です。 大手スポーツクラブで10年、トレーナー・スタジオインストラク...

蓄えるのも、トレーニングです。のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ