NEW

1日に2万回行う運動である呼吸の種類と特徴

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、1日に2万回行う運動である呼吸の種類と特徴についてお話しさせて頂きます。

呼吸は運動としては地味ですが、健康的にも筋トレをやる際にもとても大事な運動です。

まず、この呼吸は2種類あります。

腹式呼吸胸式呼吸です。

腹式呼吸とは、お腹を膨らませたり、凹ませたりして行う呼吸です。

主動筋は横隔膜という筋肉です。

この呼吸を行うことで、副交感神経優位になり、リラックスした状態になります。

では胸式呼吸はというと、胸で息を吸ったり吐いたりする呼吸です。

この呼吸を行う際の主動筋は肋間筋という筋肉です。

この呼吸を行うことで、交感神経優位になり、活発的になります。

以上の呼吸の特徴から言えることは、自律神経ととても関係があるという点です。

例えば、肋骨が開いてしまい、横隔膜がしっかり動かない人は腹式呼吸ではなく、胸式呼吸がメインとして使われてしまうので、常に交感神経優位になり、攻撃的になったり、イライラしやすくなったりするというケースが考えられます。

したがって、腹式呼吸を行えるようにしっかりと横隔膜の可動域は確保できるようにしましょう!

今回の内容は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

 

斉藤大知

斉藤大知(さいとう・だいち) 身体の変化は人生を変える。 自身が数多くのフィジークの大会に出場し、20kg近い減量を行なってきた体験談を元に食事のアドバイス、筋肉をしっかりつけながら体脂肪を減らして...

1日に2万回行う運動である呼吸の種類と特徴のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ