コアトレーニングについての定義がいろいろ

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

コア(コアマッスル)ってどこの筋肉?

①「脊柱を動かす腹筋・背筋などの筋群」これは、「脊柱に動きに関与する腹直筋・脊柱起立筋などの筋群」とも言い換えられます。

②「腹腔内圧を高めて体幹を固定する筋群」お腹の圧力を高める腹横筋、横隔膜などの筋群を「コア」と呼ぶ場合もあります。内圧を高めてドーム状に固めることで、脊柱を支える働きがあり、腹筋・背筋を陰からサポートします。

③「インナーマッスル」身体の深層部にあるインナーマッスルも、コアの一部とする場合があります。

④「肩甲骨、股関節周辺の筋群」これは上股の根本にあたる肩甲骨の動きに関与する筋群や、下股の根本である股関節の動きに関与する骨盤周辺に筋群のことを指します。

 

コアトレーニングってどんな意味?

「腹筋や腹横筋等に負荷をかけて、体幹を固定する感覚を養う学習的なトレーニング」といえます。まず、ベースとなる強い体幹筋力を、通常の筋トレで鍛え上げるのが基本となり、体幹部を上手く使えるようにするコアトレーニングは、あくまで次のステップとして取り入れる重要なひとつです。

Pick Up

人気記事ランキング

SNS