NEW

イメ〜ジが、ダイ〜ジです(笑)

信じましょう。

 

大切なのは貴方が貴方である事、そして貴方は尊いという事。

そう信じる事が出来たのならば、貴方の道は明るく確かに拓けてきます。さあ、寄付をしましょう!1口4,000円の・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ヤバいでしょ〜!!Σ(・∀・;)

 

明らかに危険な臭いがする台詞を

考えてみましたww

どうも、Tagamixです。

 

 

ランニングフォームとトレーニング方法の

話をしてきまして、今回がその集大成。

つまり、最終回です!

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマは【イメージトレーニング】です。

意外とやらない事ですが、マラソンにおいて

とても重要なものです。初めて参加する

場合は、尚更やっておくべきです!

 

 

 

 

具体的にどうすれば良いか。

とても簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大会の規模にもよりますが、大会HPに

【コースマップ】があると思います。

しかも、2種類。

 

 

1つは、その名の通りの平面マップ。

そしてもう1つが、高低差が判るマップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平面マップでは、折り返し地点がどこか

という事や、コース全体がシンプルなのか

複雑に入り組んでいるのか、海沿いだと

風強く吹きそう等というのが判ります。

 

もう1つの高低差マップも、その名の通り。

スタートからゴール迄のアップダウンが

ひと目で判ります。

個人的には、これ凄く重要視しています!

 

 

 

 

 

 

これまでの経験上、コース内に曲がり角が

多く入り組んでいる場合、ペースが掴み

にくいです?

 

ペースを上げようとしたら、曲がり角で

ランナーが混雑してしまいブレーキ、

またペースアップのやり直す。

これを繰り返した結果、ボロボロ?

 

人が走るスピードでも、アクセルとブレーキの

繰り返しはキツいという経験でした(^o^;

 

 

 

逆にスタートからずっとシンプルだった

コースでは、前半早々にペースを掴み、

最後まで安定して走れました。

 

結果も自己ベストを大幅更新!

最高に楽しいレースでした。

 

 

 

平面マップでは同じ参加ランナーが

どう流れていくか、気持ち良く走れる

ポイント等がイメージ出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高低差マップは、それぞれの

“頑張りポイント”が判ります!

 

走るだけとはいえ、得意不得意があります。

上り坂も平気で走れる方もいれば、私の様に

下り坂で巻き返すタイプの方もいます。

 

『ここはペースを意識しよう』とか、

『前半で割りと頑張れそう』等と

自分に合ったポイントが判ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシミュレーションをしっかり行えば、

もう当日は楽しく走るだけ!!

 

 

 

 

何か私も走りたくなってきました♪

この辺で失礼しま〜すww

 

以上です!

イメ〜ジが、ダイ〜ジです(笑)のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ