NEW

OK BODY大学055【新型コロナウイルス感染症とウォーキング】前編

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にするOK BODY大学マーケティングコーチのOK和男です!


新型コロナウイルス感染症の対策に役立てるために、具体的に私たち講師トレーナーが受講生と共にできる9つの自衛策、トレーニング空間やランニングなどの現場で気になる「汗」、排泄物への見解、風邪やインフルエンザなどに、かかりやすい人、かかりにくい人、かかってもすぐに治る人、治らない人の違い、免疫力、体温、笑いの効果、感染予防の運動のポイントを連載してきました。(まだご覧になっていない方は、ぜひ今回の記事と合わせてご覧ください)


今回は、私の専門分野である「ウォーキング」の適度な歩行量の目安についてお伝えします。

≪体温アップの鍵“筋肉”を意識して歩く≫
新型コロナウイルス感染症の対策に関連して、手軽に始められる有酸素運動の代表格「ウォーキング」の効果にフォーカスします。

私たちの体温の40%以上は筋肉細胞から産生されるので、全身の筋肉の約75%がある腰から下の筋肉を活発に使うウォーキングは、血行を促し体温を上げるのに効果的な運動と言えます。

ただし、ウォーキングの健康美容効果は、歩き方によって大きく変わります。

ものすごく良くもなれば、悪くもなりますので、ここでは効果的に体温を上昇させる2つのOKポイントをご紹介します。

1:足(フット)・脚(レッグ)・お尻をしっかり使う
血流を促して体温を上げるには、足指・足裏・足首をしっかり使ったOKウォークで歩き、脛やふくらはぎの筋肉をポンプのようにしなやかに動かしましょう。腿の裏側やお尻の筋肉が上手に使えるようになれば、あなたもOKウォーカーです。

2:足だけで歩くのではなく全身で歩くイメージを持ちましょう
お腹・背中・胸・腕といった上半身の筋肉もしっかりと使って歩くことで、体温上昇効果を高めましょう。

参考動画
【OKウォーク横浜ウォーキングワークショップ ダイジェスト】
https://youtu.be/fMFfA1KhAjE


さっそく実践してみてください。次回はウォーキングで筋肉を活性化するポイント免疫力を上げる歩数の目安についてお伝えします。


マハロ~♪ 

OK BODY大学055【新型コロナウイルス感染症とウォーキング】前編のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ