NEW

102kgダンベル!ヘビーな大阪の公共施設ジムに行ってきました|大阪中央体育館

【この記事のキーワード】

 

ちょっと大阪の公共施設に行ってきました。

なんとなく規模感に納得して選んだのが、

大阪中央体育館

初めての関西地域の公共施設になります!

大阪中央体育館


〒552-0005 大阪府 大阪市港区田中3丁目1−40

利用料金 時間無制限 600円

9:00~21:00(最終受付20:00まで)

 

初回の方は、講習会(1時間程度、機器の使い方の説明等)を受ける必要があります。講習会を受けるには予約が必要で、1日に3回しかないので事前にスケジュール調整しておく必要があります。

 

ただ、例外として、

初回講習会の免除制度があります。

大阪中央体育館は個人のトレーニングレベル次第で免除されます。

具体的には、

「1年以上トレーニング経験のある方、フリーウエイトをお一人で十分に扱える方」は、講習会が免除。

 

でも、、、どうやって、1年以上トレーニング経験があるって判断するんだろ?

っと思ってたら、特にテストとかも無く、単純に大阪中央体育館のトレーナーが(見た目?)判断するようです。

 

因みに、講習会は免除されますが、注意事項等の一般的な説明は受ける必要があるので(15分程度)、免除対象だとしても、結局、事前にスケジュール調整して予約する必要があります。

 

詳細は、こちら

大阪中央体育館のここが特徴的!


まず、

写真や動画撮影がOK! 
これはビックリ!公共施設で初めてです。

注意事項は、他のお客さんの迷惑にならないようにしてください、くらい。

 

トレーナーがフレンドリー
丁寧な関西弁って凄くフレンドリーに聞こえないですか?

ジム内の秩序を維持するというよりも利用者とのつながりを大切にする印象を受けました。事実、トレーニング機器の利用ルールが緩いです(i.e., 利用制限時間とか予約とかが無い)。

 

大阪ルール?トレッドミルには小さいカラーコーン
関東の公共施設では、ホワイトボードに利用時間を書くのが主流ですが、大阪中央体育館には、そもそも予約ボードがありません。

利用していない時は、小さなカラーコーンがトレッドミルに乗ってて、利用時にカラーコーンをどかす、という感じです。

 

大阪中央体育館だけなんでしょうか。

 

使ってみた感想


造りとしては、世田谷区の大蔵第二運動場に似ています。「体育館」という感じ。

 

フリーウェイトが中心のジムです。

ちゃんと比較していませんが、印象としては、現在の関東公共施設ランキングで上位3位以内に食い込んでくる印象です。

 

今まで行ったことがある公共施設と比べて、特段光っているのは、

225ポンド(102キロ)ダンベル!

 

これは、アメリカ西の横綱|ゴールドジムベニスビーチよりもアメリカ東の横綱|ベブフランシス パワーハウスジムよりもヘビーなダンベルじゃないでしょうか!

ついでに、ざっくりと他の機器をご紹介すると

ベンチプレス 3台
スミスマシン 2台
リフティングステーション 2箇所
ハックスクワットマシン 2台
インクラインベンチプレス
パワーラック 2台
スタンディングローイングマシン
ローイングマシン
ディップ
Tバーロー
チェストプレス
ラットプル
ロー系複数
レッグカール
レッグエクステンション
レッグプレス
アブコースター(初めて使いました。まさにコースター(笑))
etc

 

っと、かなり充実しています。

 

まとめ


如何でしたでしょうか?

 

かなり使える公共施設ジムです。

ただ、21時までしかあいてない・・・最終受付は20時なんです。

 

後もう1時間 i.e., 22時までオープンであればね~。良いと思うんです。立地的にも海沿いにあり中心部から離れてるので、仕事終わりに通う事を想定したら、20時最終受付は、若干厳しいかも、という印象です。

 

ぜひお試しあれ!おすすめです。

(この情報は2018年6月現在のものです/detour)

102kgダンベル!ヘビーな大阪の公共施設ジムに行ってきました|大阪中央体育館のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ