NEW

荒川の小言19『トレ中のアクシデント。対処法』

【この記事のキーワード】

,

こんにちは~荒川で~す。

今回はトレ中のアクシデント、その対処法について書きます。

正直、アクシデントって回避できるものとそうでないものがあって、

重症度も違えば対処できないものもある。

なので、、、基本的な簡単なものからいきましょう。

 

1.急激に起こった関節の痛み

インピンジメント症候群か腱や靭帯、関節包など軟部組織に負担がかかったなどなど、、まずはそれは炎症になるので急性期の対応としてはRICE処置をするのがベストです。

自分で変に曲げ伸ばしして治った~わ~い^^。って奇跡的にあることもありますが、本当に痛い+腫れた+熱を持った+動きにくくなった。という場合は全力ダッシュで病院に行きましょう。

RICE処置とは炎症に対する処置です。

R、rest:安静

I、icing:冷却

C、compression:圧迫

E、elevation:挙上

これができれば炎症を悪化させることなくいれるでしょう。

 

2.過呼吸

筋トレしてるからメンタルも強い。そんなことはありません。

ストレスには気が付きにくいものです。トレーニング中に過呼吸になってしまった場合は、体内の酸素濃度が上昇し、二酸化炭素も排出できないためビニール袋を口に当てましょう。

そして体内のpHの偏りを防ぐために落ち着いて袋の中の空気で呼吸しましょう。

 

3.酸欠

低酸素状態になったときには、ぼーっとしたりめまい、吐き気などを催すことがあります。

その時はよく学生の時に、授業中机に突っ伏して寝ていませんでしたか?

そうです、あの姿勢を取ります。あれが安楽姿勢の一つなんです。

あとは呼吸法としては、吐く息をゆっっっっくりと吐きます。

理由としては、酸素と二酸化炭素のガス交換の際の速度が違うからです(CO2の方が20倍速い)。

 

4.低血糖

これは完全に安静とブドウ糖をなめましょう。としかいえないですね。そしてトレーニングを終えてすぐに帰ってください。そのままやったら病院送りになります。

 

今回は簡単に4つのみの紹介でしたが、それ以外にもたくさんありますので、それはまたのちほど触れることとしましょうかね♪

 

次回は気まぐれにまた投稿します~♪笑

荒川翔

荒川翔(あらかわしょう) 幼少期から水泳とサッカーに励み、ばねのような身体を生かし筋トレを開始。 医療系の4年制大学を卒業したのち、急性期総合病院にて理学療法士としてリハビリ業務に徹する。 その中で...

荒川の小言19『トレ中のアクシデント。対処法』のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ