NEW

OK BODY大学013 【食欲を制する者は肥満を制する】その2・噛みたい!

【この記事のキーワード】

, , , ,

ALOHA~!

心身とビジネスを健幸にするOK BODY大学マーケティングコーチのOK和男です!

 

≪咀嚼(そしゃく)と食欲の関係≫

前回のコラムでは「ゆっくり食べる」ことで私たちの体内で何が起きるのかをお伝えさせていただきました。(まだご覧になっていない方はぜひご覧ください)

今回は「1口30回を目安に、よく噛んで食べましょう」について、身体に何が起こっているのかをお伝えします。

 

まず先に結論からお伝えします。

⇒ 私たちは「しっかりと噛むことで、

  早く満腹感を得られて食べ過ぎを防止できます」

 

≪私たちの食欲を操る2つの指令≫

噛むことで起こるメカニズムを説明する前に、脳の働きを簡単に説明しておきます。

私たちの脳には「食べたい」という指令を出して食欲を高める摂食中枢と、「お腹いっぱい」という指令を出して食欲を抑える満腹中枢の2つがあります。

 

ちなみに食欲を高める摂食中枢は、血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度が下がることで働きます。

一方で満腹中枢は、噛むことによっても刺激されます。前回お伝えしました「ボリボリとかじっていたら食欲も満たされた」という私の実体験は、決して気のせいではなかったのです^^。

 

つまり、同じ量の食事でも、食べ物をあまり噛まずに食べるよりも、よく噛んで食べた方が満腹中枢がよく刺激されて、満足感が上がるのです。

 

ちなみに、よく噛んで食べると、唾液がたくさん出るので消化吸収作用を高めて胃の負担を軽減してくれます。さらに咀嚼の刺激は、脳の活性化にも役立ちますので、「カレーは飲み物だ!」なんて言わずに、積極的に噛むようにしましょう。

 

≪本日のまとめ≫


食欲を抑える満腹中枢は、血糖値の上昇のほかにも、咀嚼(そしゃく)、つまりよく噛むことによって働く。

次回は、総まとめです。

お楽しみに。
マハロ~

OK和男

O:K.和男.(オーケーカズオ) ≪ボディデザインダイエット・しなやかに美しい歩き方の専門家≫ 「姿勢改善」「食事と筋トレ」「OKウォーク」の指導で、起業家・経営者・芸能人・講師・講演家、人前に立...

OK BODY大学013 【食欲を制する者は肥満を制する】その2・噛みたい!のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ