NEW

できる人とできない人の差がデカすぎる…BIG3

【この記事のキーワード】

,

ジムのインストラクターをしている時に気づいた事があります。
BIG3をトレーニングメニューに加えている人は多いのに、できる人とできない人の差が大きいという事。
できる人は高重量、できない人はバーのみでもできていない…
基本と言われているのにどうしてこんなに差があるのか。

確かにBIG3は基本です。
しかし3種類ともいくつかの関節を動かして行う多関節運動のため、気をつけなければいけない事が多く、フォームの習得に時間がかかります。
だから効果があるんですけどね…

BIG3の情報はネット上にもたくさんあります。特にYouTubeはたくさん動画があります。
色々と拝見させていただいて、これだけあってなんで?と思ったのですが、
基本すぎて当たり前の事が省略されている情報が多い事に気がつきました。

私自身もトレーニングをはじめたばかりの頃、当然BIG3をメニューに入れていたのにできない人でした。右膝と腰を痛めた経験があります。
当時はYouTubeやネット記事に頼ってトレーニングしていました。
時折ジムのインストラクターに見てもらうことがあるくらいで、ちゃんとした指導を受けるということはほぼありませんでした。

基本的であるがゆえ、基本的すぎるゆえ紹介されない細かなポイントをぜひしっかり押さえて欲しいと思います。

細かすぎてここでは触れていない事もまだまだたくさんありますが、少しでも紹介できたらと思い今回このテーマを考えてみました。

BIG3はどんな競技にも、競技をしてない人にも役立ちますが、やらせたらパワーリフターが1番だと思います。

BIG3について違和感を感じている方はぜひ一度、パワーリフターのパーソナルを受けてみて下さい。

こんな事で!?というポイントが隠れているかもしれません。

来週はデッドリフトのキケンポイントをお話します。

比留間マリエ

比留間マリエ(ひるま・まりえ) 運動経験ゼロ、29歳から85kgになった身体にゾッとし、ダイエットのための筋トレをスタート。 その後3年で25kgの減量、さらにNSCA認定パーソナルトレーナーとなり...

できる人とできない人の差がデカすぎる…BIG3のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ