NEW

荒川の小言14『インナーマッスルトレーニング』

こんにちは~荒川で~す。

今日はインナーマッスルトレーニングですね~。

まず簡単に、あなたの身体についてる、または、眼に見えて手で触れるものはすべてアウターマッスルといいます。

そうでないものがインナーマッスルといいます。

そのインナーマッスルにはインナーユニットという4つの筋肉で構成されるものがあります。

・多裂筋

・横隔膜

・腹横筋

・骨盤底筋群

この4つの筋肉がバランスよく働くことで、体幹を固定してくれて腰への負担を軽減させてくれたり、腹圧を高め、おなかに脂肪をつきにくくしてくれたりなどの効果が期待できます。

 

まず、

多裂筋はバードドッグなどの種目で鍛えることができます。

横隔膜はブレーシング

腹横筋はドローイン

骨盤底筋群はマタニティトレーニングの一部でもありますが、椅子座位で肛門から性器の間にタオルをまるめて敷き、その上に座り、括約筋に力を入れるという運動をします。

*タオルを入れるのは筋収縮をわかりやすくするためです。

詳細を知りたい方は、連絡お待ちしてます^^

ちなみにドローインとブレーシングは次回説明します!

荒川翔

荒川翔(あらかわしょう) 幼少期から水泳とサッカーに励み、ばねのような身体を生かし筋トレを開始。 医療系の4年制大学を卒業したのち、急性期総合病院にて理学療法士としてリハビリ業務に徹する。 その中で...

荒川の小言14『インナーマッスルトレーニング』のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ