NEW

せっかくなら食生活も見直しましょう

【この記事のキーワード】

今日のテーマは「せっかくなら食生活も見直しましょう〜」です。

フィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムに通っている多くの人たちは、「かっこいいカラダに」「美しいボディラインに」「健康的なカラダに」「動けるカラダに」というような目標を持って取り組んでいる人が多いと思います。

ぞれぞれ目標を持って週に2回…3回…と時間を割いてフィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムに通っている人も多いはずです。

ほとんどの人たちがジムに通っているときだけカラダへの意識が高いと感じています。

勿体ないことに食事や睡眠、生活習慣などは見直されてない…

本当に勿体ないことです。

カラダづくりも考え方は「虫歯」と一緒で…

皆さんは、歯が痛い時や虫歯の時は当然ながら「歯医者さん」へ行きますよね。

治ったら今度、その歯を痛めないためには「毎日、食後にハミガキ」してケアしますよね。

カラダづくりも一緒。

太ったからジムに行く。

腰が痛くなったから運動する。

ではなく、

太らないために運動をする。

腰が痛くならないカラダをつくるために運動する。

この考え方がすごく大切です。

ほとんどの人はフィットネスクラブに通って運動やトレーニングをする時間より、ご飯を食べたり仕事をしている時間の方が長い訳ですから、そこに意識を向けていくことも大切になってきます。

運動を含めて食事・睡眠・趣味などの日常生活に関係するすべての習慣を少しずつでも見直していければ、何の目的に対しても良い方向に向かっていくはずです。

つまり言いたいことは、、、

せっかくジムに通ってトレーニングを始めたのなら

食事や栄養も一緒に少しでも良い方向に改善していけば、トレーニングの効果も最大限に引き出せて、今よりもっとカラダの変化も実感していけることは間違いありません。

皆さんの大切な時間とお金をかけてジムに通っていることが無駄にならないように、せっかくなら食生活も見直して理想のカラダへと近づいて同時に良い習慣も身につけていく!

差別化を図るならトレーニング以外の時間も大切に!!

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。


https://fujimototaishi.com/ 

せっかくなら食生活も見直しましょうのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ